独身とは早い話、結婚していない人の事をいう訳ですが、辞書で引くと、配偶者のいない日との事を示すと記されています。

FrontPage

スポンサードリンク

独身

独身とは早い話、結婚していない人の事をいう訳ですが、辞書で引くと、配偶者のいない日との事を示すと記されています。そして、独身の類義語として独り者、独り身、単独、単身などという言葉が出て来ます。どうやら、現時点の家族構成が問題なのであって、過去や未来は関係ないようですね。だとしたら、最近流行の内縁関係とゆうのはどうなるのでしょうか、やはり互いに独身者同士の夫婦生活という事になるのでしょうか。まあ、そんな事はどうでもいいのですが、晩婚化がすっかり定着した昨今、年齢を問わずシングルライフを楽しんでいる人は沢山います。好きで独身をやっている人もいれば、そうでもない人もいるみたいですけどね。昔はある程度の年齢まで一人でいると、周囲が煩かったものですが、今はそんな風潮もどこえやらです。まだ結婚しないのって言ってくる叔母さんが、実は独身だったりもしますからね。

独身の条件は、今結婚していない事だけですから、中高年の独身者が益々増加しているのも納得です。晩婚化と同時に離婚も珍しくなくなった日本では、熟年の独身者もいくらでもいます。昔は夫や妻に先立たれて、余儀なく一人になる人が大半だったようですが、今は違いますからね。熟年離婚によって、自らの意志で独身者に舞い戻る女性も少なくありません。となると、その夫だった人も、自動的に独り身になる訳ですよね。熟年離婚は女性から仕掛けるケースが多いようですから、今更独身になりたくないお父さん方は、十分気を付けて、しっかり奥様に尽くして下さいね。そう、これからの時代、尽くす女ではなく、尽くす男が日本の結婚生活を支えると言っても、決して過言ではないのです。

独身について考えていくと、こんな事まで気になってしまいますね。独身者にはそれなりの楽しみというのもあるでしょうし、私は一生独身も悪くはないんじゃないかなぁって思いますね。別に開き直ってる訳じゃなくて、アラフォー独身女性の実感です、これは。しかも、人生の酸いも甘いもある程度知ったアラフォー女性のね。結婚する前と今とでは、独身でいる事の雰囲気が違うんですよ、全く。若い頃は、やはり結婚という2文字に憧れ、それなりに準備や対策も練らないといけないと思っていました。でも、今は独身でいる事を自分のベストスタイルであると思うようになりました。大事な事は、結婚しているかしていないかという事じゃなくて、今のポジションが自分に相応しいかどうかという事なのではないでしょうか。本当に料理や掃除や洗濯が好きで、家族のために毎日したいと思う女性は独身でいるより、当然結婚している方が楽しいでしょう。だけど、私みたいに、そういう事が苦手で、朝から晩まで仕事をしたいと思う性格の女性は、一人でいる方が気楽ですよね。

独身という2文字は、これがまた実にバラエティーに飛んでいます。その辺りは、いろいろな人が自分のライフスタイルや考え方をオープンに明かしているブログやサイトを見てもらえればよく判ってもらえると思います。因みに、嘗て私に煩くお見合いを勧めていた叔母さんも、今は独身。熟年離婚を成功させ、セカンドライフを思い切りエンジョイしています。叔母さん曰く、独身万歳だって、まあ、世の中そんなものなのかも知れませんよ。




a:2190 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析